参加者を記憶する

花と指輪

結婚をする時、挙式にかかる費用だけを計算しがちですが、結婚総費用を考えないといけません。
結婚総費用とは、婚約にかかわるものや挙式や披露宴にかかわるもの、新婚旅行の費用や新生活の準備にかかわるものに分けられます。
最近は、以前ほど費用をかける人が少なくなりましたが、それでも平均で750万円程度はかかると言われており、豪華にすれば1000万円近くかかることもあります。
当然、若い新郎新婦であるほど当人だけで負担することは難しく、ほとんどは親から援助を受けることになります。
お金が無いながらも、挙式だけはそれなりに自分達の思い通りにしようと考える人は多いですが、総費用がどれ位必要か計算することが大切です。

結婚総費用の中で、一番大きな割合を占めるのが挙式、披露宴で平均額は約350万円になります。
一生に一度のことだから豪華にしたいと考える人は多いですが、自分達の経済状況をよく考えて計画していかなければいけません。
若いカップルでそれ程お金をかけることができないが、結婚式はきちんとしたいと言う人は。
ホテルや専門会場で行うのではなく、レストランウェディングのサービスを利用することです。
レストランウェディングの場合、ホテルや専門会場よりも100万円程度節約できることもあります。
最近は、低価格なうえにアットホームな式ができると言うことで、レストランウェディングが若いカップルを中心に、人気が高まってきています。